「英検®」のレベル、日程、合格点、合格率と過去問勉強法

「英検®」は、公益財団法人日本英語検定協会の登録商標です。検定合格塾のリーディング、ライティング、リスニング、スピーキングの攻略法を公開します

英検4級と5級のスピーキングテストの具体的な例

calendar

reload

英検4級と5級のスピーキングテストの具体的な例



2016年度の第1回英検試験から4級と5級に導入されるスピーキングテスト。

これは級の合否は、今までと同じ試験(2016年からは一次試験と呼ぶようになります)できまります。

スピーキング試験は級とは別の試験として合否判定されます。

なので、4級合格ですが、4級のスピーキングテストは不合格です。というような人ができてしまいます。

両方合格している人と、明らかな違いが出ますが、現実問題として何ら不利益が生ずることもなさそうです。

どうせスピーキングテストを導入するのですから、ここは一次試験とスピーキングテストの両方合格でないと、級の合格としない。にすべきだと思います。

ところで、注目のスピーキングテストの内容ですが、英検公式サイトのpdfの中に出題例が掲載されています。

【プレスリリース】実用英語技能検定 2016年度第1回からのリニューアルのお知らせ

今までの経験上、本番でもほぼ同じパターンで出題されると思います。

grade4

grade5